« いま大切にしたい考え方 | トップページ | 日向ゴルフコンペ »

2017年7月18日 (火)

最近の就職活動に思う事

おはようございます。

営業車は始動のたびにカーナビから

「今日は~の日です」

とお知らせをします。

先月の21日、車に乗って仕事に行こうとすると

「今日はスナックの日です」と。

今日はそんな素敵な日だったのかぁと!!

仕事そっちのけで頭の中は夜の予定でいっぱいです。

北千住が良いかな、立石も良いな、やっぱり地元曳舟かな…

しばらく走っていると、

「あれっ」

と気が付きました。

そうです、お菓子のスナックですよね。

急に真面目な話になります:

最近の就職活動では、インターンシップと言う制度を使って、

大学3年生から企業に実習に行く事が多いそうです。

同級生の多くが会社でその面倒を見る役職についていますが、総じて評判は良くないです。

画一的な受け答えが多く、個性が無くて面白みがない。怖いくらいだと。

学生時代の貴重な時間を、受ける側がそう思ってしまう活動に使うのは

まさに時間の浪費だと感じます。

個性を判断できないまま実習は終わるので、結局人事は有名大学から先行してしまう傾向がより強まってしまうとか。

まさに悪循環。

学生は社会人になるに際し、何かとんでもない壁があるように感じてしまっているのかもしれません。

選考する側の本音を聞いたところ、

「学生時代はとにかく友達を大切にし、たくさん遊ぶこと」

が大切だと。僕の友人が言う事ですから、そこに「学び」が入っていません(笑)。

でもそれには理由があります。

工学部の仲間たちは、それぞれの企業に入ってから学生時代が信じられないほどの勉強をしています。

そうしなければ技術者として会社内で立場を作ることはできませんから。

だからこそ友を大切に遊べと言い切れるのですね。

そうして良い学校から選考した学生たちは、本当に指示待ちが多いそうです。

それも自信を持っての指示待ち。

学生が先生に宿題を出されるのを待つ感じでしょうか。

そして結局、

居場所を作ることが出来ないままに、

仕事を通じて他者に影響を与える心地よさをしない間に、

数年で会社を去って行ってしまう。

言うまでもなく、会社とは絶対的な存在ではありません。

お客様に「不要」と言われればどんなに大きく立派に見える会社でもあっという間に無くなってしまいます。

だからこそ、社員各自が組織の常識を踏まえたうえで個性を発揮して会社に貢献しなければもったいないです。

会社はそういう雰囲気を作り出さなければいけません。

会社で役立つ個性とは他者と違う事をして目立つというような浅薄な意味ではなく、

自分が好きで没頭できることを見つける事です。

それが出来れば、仕事をしている時間の方が楽しくなります。

それを上司が見極め、まず居場所を作ってあげる。

これが現代社会人教育に必要なことかもしれません。

最初のスナックの話に戻ると、

夜のスナックは受け身では面白くありません。着飾ったお姉さんが接客してくれるようなお店と違い、

自分発信が必要です。

まさに社会人教育に必要な要素。

個人的にスナックの日、作りたくなってきました。

3連休最終日、日光から金精峠で丸沼高原を抜けて吹割の滝へ日帰りドライブに行ってきました。

暑い日が続きますので、吹割の滝で涼を感じていただけば:

Photo

雨期で水量が多い時期ですし、目の前から落ち込んでいく迫力がすごいです。

その他の写真は次週以降掲載します。

今日も読んでくださりありがとうございました。

« いま大切にしたい考え方 | トップページ | 日向ゴルフコンペ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1378527/71138640

この記事へのトラックバック一覧です: 最近の就職活動に思う事:

« いま大切にしたい考え方 | トップページ | 日向ゴルフコンペ »