« ユジノサハリンスクの様子 | トップページ | ガガーリン記念文化公園(旧豊原市民公園) »

2017年9月11日 (月)

サハリンの食

おはようございます。

今日は今までの旅行記を読んでいただいた方から質問いただいていた、食事について書きます。

ロシア料理はあまり一般的ではありませんから、イメージしづらいと思います。

ボルシチ(肉シチュー)やピロシキ(肉詰めパイ)が有名でしょうか。

実際今回の旅行に際し、食は北海道で堪能と決めていてサハリンには全く期待していませんでした。

しかし、期待していた北海道は、お盆の時期でどこも大混雑。

3000円のうに丼を食べるのに1時間待ち…あきらめてコンビニでおにぎり買いました。

二泊の北海道で、北海道らしい食べ物はドライブインで買ったトウモロコシだけ。

これはとんでもなく甘くておいしかったですが、食事というよりおやつ。

さて、サハリンの食はどうだったでしょう。

結論はなんでも美味しかった!

例えば、下調べなしで入ったこのレストラン:

Photo

内装は:

Photo_2

個室に通してくれて、英語メニューがあり、お姉さんも英語を理解してくれます。

ここで食べた食事はどれも美味しかったのですが、いつもの通り食事を撮る習慣が無いので良い写真がありません。

唯一撮ったのが:

Photo_4

赤キャベツのスープ、ネギ添え。

野菜の健康的な甘味がおいしく、子供たちもぺろりと。

一番おいしかったのは、チキンの大きな揚げ物。あっという間に消費して、こんな写真しか残っていませんでした。

Photo_5

きれいな写真ではないので小さ目にしました。

子供たちが群がるように食べてしまったことからも、その美味しさを感じていただければと思います。

料金は一人2,000円位だったと思います。

もう一軒のレストラン、こちらは領事館の方の推薦でご一緒させていただきました:

山小屋風です:

Photo_6

この店で美味しかったのは:

Photo_7

黒パン!ガーリックたっぷりなんですけど、子供でも食べられる絶妙な感じ。

サラダも新鮮で美味しかったです。

メニューはこんな感じです。大体千円弱です。

Photo_16

どれも美味しそうで、制覇したくなります。

ちょっと不思議に感じたのは、このメニューをめくっていくと韓国料理のページがあります。

豆腐チゲとかチヂミとか。

後で調べると、ロシア侵攻当時日本人扱いだった朝鮮半島の人々が、そのまま現地に残ったそうです。その数、二万人以上。

その他戦後に朝鮮半島から渡ってきた人も1万人以上。

日本人は多くがシベリア開拓に送られていったそうです。

レストランのメニューから知らない歴史を学べます。

その他軽食類は:

普通においしいピザやさん。お姉さんと目が合ってしまいました:

Photo_9

スーパーで買ったカップラーメン。余裕で完食できる味でした。

Photo_10

子供らは日本製のカップラーメンを買おうとしていたのですが、値段を見てびっくり。

1,000円以上します。せっかくの海外で日本製、しかも1,000円は有りえないので却下してこれに。

200円位だったと思います。

そして公園で食べたシュラスコ:

Photo_11

待っているときに撮った写真しかないのですが、野菜もたっぷりでとにかく大きくて美味しい!

500円位でしたが、大人二人でやっと食べきる大きさでした。

ロシアはアイスがおいしいという事前情報で買ってみました。こんな感じ:

Photo_12

ちょっと独特な触感です。空気が多く含まれた(軽い)、とても濃厚なバニラで

あっという間に溶けていきます。きっと冬に食べるとちょうど良いのかと。

最後はドロドロで、冷たい練乳をなめている様な感じになります。

一番楽しかった食事は、毎夜(3日間全日)の部屋での宴会でした。

ちょうどホテルの前に小さなスーパーがあり、パンや惣菜(イワシやサーモンの燻製、チーズ)が買えます。

子供も交じって大騒ぎ:

Photo_14

最後の写真はやっぱり北海道の食を。

帰りは船で稚内着後、2時間後には飛行機が出るスケジュール。

しかしこの日は海路が追い風だったそうで、予定より一時間くらい早く到着。

最後の食事を全員でとれました。稚内港の地元民が集う食堂でやっとありつけた海鮮丼!

Photo_15

1,800円位でした。イカが新鮮でおいしい!

イカの不漁が続いていますが、稚内だけは大漁で全国から漁船が集結していました。

港は3重駐車(船)といったにぎわい。

余談ですが、イカ漁は暗くなってから行うので昼間は近所の大型パチンコ店が満員でした。

稚内についてすぐにその異常な光景にびっくりしましたが、理由がわかり納得です。

旅行において食は大切です。

まさかサハリンでこんなにおいしいものを食べ続けられるとは思いませんでした。

やはり実際に現地に行き、色々と体験することは大切だと思います。

今日も読んでくださりありがとうございました。

« ユジノサハリンスクの様子 | トップページ | ガガーリン記念文化公園(旧豊原市民公園) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1378527/71638327

この記事へのトラックバック一覧です: サハリンの食:

« ユジノサハリンスクの様子 | トップページ | ガガーリン記念文化公園(旧豊原市民公園) »