« 2018 初詣 | トップページ | 落語の新年会 »

2018年1月22日 (月)

風邪が流行っています。

おはようございます。

東京は乾燥した寒い天気が続き、風邪(インフルエンザ)が流行してます。

抵抗力の弱い子供には特に多く、長男のクラスでも学級閉鎖と言っています。

大人でももちろん風邪をひいている人は多いですが、皆様の周りにもいませんか

「俺は(私は)風邪は引いたことがない!」

といつも元気な人が。

そういう方はたいてい自身の責任を前向きに果たしていて、明るいです。

後は職場に慣れているということでしょうか。

職場に慣れていない新入社員と、創業オーナー。

このグループに分けたら、確実に前者の方が風邪をひいている人が多いですよね。

自分の感覚では、このグループより強いのは

「子育て中の母」でしょうか。

ここで話を終えてしまえば、具体的な対応ができませんのでもう少し考察します。

風邪をひきにくい人は、良い言葉を使っています。

つらい時は

「がんばるぞー」「がんばろうよ」「いくぞー!」

と。

つらそうな人を見れば

「大丈夫か?」「辛かったら遠慮するなよ」「代わりにやってあげるよ」

こういう言葉って、声を出して言うだけで少し元気になりませんか?

さらに、できるだけ大きな声で言うと効果抜群です!

逆の言葉はあえて書きませんが、読むだけで元気をなくして体温が下がってしまいます。

それと大切なことは、

発言とは生身の相手に向かって言うから意味があるのです。

もしくは心を込めた直筆の文字。

匿名の掲示板に書き込んで自己満足に浸っている。それは言葉ではありません。

対象とする相手の目を見据え、喉ではなく「心」から絞り出す言葉。

そこには魂が宿ります。

でも直接言うのって勇気がいりますよね。

それを克服するのは先に書いた、「責任感」と「慣れ」です。

それを「修行」と言うのですね。

書いたり言ったりすることは現実に近づく。

悪い言葉を使いそうになりますが、それをどう抑え込めるか。

実は多くの人が気づいていませんが、願いを言葉にするというのは、

とても強いエネルギーを発します。

あっという間に周囲に伝わっていくんです。良くも悪くも。

だったら良い方に使うべきです。

現代人はスマホの画面に魂を吸い取られている人が多いので、それに気づきずらくなっているだけで。

これを読んでくださっている方はもちろん生命を持っています。

その生命の力に気付かずに一生を終えるのは本当にもったいないです。

もし今悩んでいる方がいれば、つらくても「良い言葉」だけを選んで使う。

そうすると自分が大きくなり、少しずつ苦から解放されて社会が楽しい場になっていくと思います。

「会社」はそういう場になっていかなければいけないと思っています。

互いを思いやる家族的経営こそが、これから本当に強い会社になると信じています。

写真ですが、先週末は期待の新人(19歳)歓迎会でした。

場所はスカイツリーのすぐ下:

2017

このすぐそばでした。

Photo

いつもの居酒屋と違い、ちょっとおしゃれな空間でした。

いろいろ経験して、会社を通じて世の中の役に立つ人になってほしいです。

今日も読んで下さりありがとうございました。

« 2018 初詣 | トップページ | 落語の新年会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1378527/72711020

この記事へのトラックバック一覧です: 風邪が流行っています。:

« 2018 初詣 | トップページ | 落語の新年会 »