« 代々つないで行くという事 | トップページ | レーシングカー マツダ787B からの学び »

2018年9月25日 (火)

長寿社会

おはようございます。

週末は春分の日で15夜。東京ではきれいな月を見ることができました。

先週の続きを書きます。

敬老の日の報道で、福岡のおばあさんが115歳で国内最高齢という事で

知事にお祝いされていました。

最高齢という事は、先輩が一人もいないという状態です。

最高峰の山を極めて、後は見下ろすだけといったすがすがしい感覚でしょうか。

全く想像つきません。

ご本人は自分の足で歩き、おやつを日に三回楽しみ、炭酸飲料や特にカフェオレがお好きとか。

節制とは正反対の様ですね。やはり楽しむことが大切です。

そして極め付きは

「まだ死ぬ気がしない」と。

神の領域に近づいていらっしゃるのかもしれません。

別の方向から寿命を考えると:

115歳は特別な例として、90歳を超えればほぼ同期の友人はいなくなるのではないでしょうか。

特に男は。

今世界では戦争状態にあったり、天変地異で苦しんでいたり、

逆に日々の生活を楽にする新しい技術が生まれたり…

世の中の人は苦しみ抜き、そしてたまにほっと一息つきつつ生活してます。

色々なことが起きていますが、今から90年後にはなんと

生まれたばかりの赤ちゃんを含めて、今地球上にいる人はほぼ皆存在していないんです。

理屈で考えれば、体には寿命があるのですから当たり前のことですが、

実感が湧きずらいのではないでしょうか。

この考えを進めていくと、

次の世代をより良くするには、より若い世代に自分の持っている知識や技能を

教えていく事が何より社会的に貴重で、個人的にも大切で価値ある仕事だと気づきます。

組織のリーダーにとってはそれが義務です。

そしていつも書くように、女性が安心して子供を産み育てる安定した社会がすべての前提です。

男はどんなに頑張っても子供を産むことはできないのですから、その分女性に追いつく為に

必死に良い世の中を維持するように頑張らなければいけないんです。

理屈ではなく本能で。

「責任を果たす」

とは、このサイクルを守るために自分を高め続け、その貢献ができることを指します。

良き人生を送る秘訣とは:

人を育てる、これこそが人生で最大の楽しみと気付けるかどうかです。

写真ですが、月の写真を載せるべきでしたが撮り忘れ。代わりにきれいな夕日を:

Photo

今日も読んでくださりありがとうございました。

« 代々つないで行くという事 | トップページ | レーシングカー マツダ787B からの学び »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1378527/74240373

この記事へのトラックバック一覧です: 長寿社会:

« 代々つないで行くという事 | トップページ | レーシングカー マツダ787B からの学び »

フォト
無料ブログはココログ