« 長寿社会 | トップページ | 脳の構造① »

2018年10月 1日 (月)

レーシングカー マツダ787B からの学び

おはようございます。

昨夜は台風の影響で眠れなかった方も多いのではないでしょうか。

前回ほど大きな被害がなかったようで、少し安心しています。

今朝は通勤路に、オレンジ色のじゅうたんが敷かれていました。

Photo

風によって咲いたばかりの金木犀の花が散ってしまったのですね。

東京は台風一過で暑くなりそうです、頑張っていきましょう!

さて秋分の日振り替え休日、中三の長男も予定がないという事で急遽ドライブに行きました。

お互い車が好きなので、前夜に関東周辺のサーキットを調べていたところ

富士スピードウェイで「マツダフェア」をやっていて、レースもあるという事で行先決定!

富士スピードウェイは富士山の裾野、御殿場にあります。箱根の入口。

凄い遠く感じますが、今回は出来たばかりの外環を使い、家から五分でもう高速。

途中休憩しても2時間で到着。

外環ができる前は高速に乗るまでに30分かかることもありましたから、本当に便利になりました。

良く調べないで行ってしまったのですが、今年はRX-7(スポーツカー)誕生40周年。

駐車場もマツダ車だらけ:

Photo


その記念で、かつての名車やチューニングカーの走行会もあり

その他様々なイベントも開催されていました。

初めての本格的サーキットでしたが、気持ちの良いところです。

富士のストレートは1.5kmもあり、かつてはF1開催されたサーキットで最長でした。

レースはロードスターで行われましたが、200km/h以上は出ていた感じです。

ここからが今日の話の肝です:

マツダには世界最高の音を出すレーシングカー767B、787Bというマシンがあります。

767

この日はその二台の全力走行が見られました。

デモランと書いてあったので、少しエンジンふかしてパレードみたいな感じを予想していましたが、

実際にはレースモードの走りでストレートは2台とも300km/h出ていたと思います。

しかもその状態で10周近く。痺れました。

話には聞いていましたが、すごいサウンドです。

ストレートを駆け上がってくると、遠くから聞こえるその甲高くきれいな音に鳥肌が立ちます。

本物のレースカーの音です!

この車たちは世界最高峰のレース「ルマン24時間」に出たもので、

787Bは日本勢として初めての優勝をしています。

原爆を落とされ焼け野原になった広島の車メーカーが世界を制する。

世界的にも大ニュースになった出来事です。

このエンジンを作り上げた方の講演会がありました。

787_2

来年定年と仰っていましたが、今担当しているレシプロ(普通ガソリンエンジン)ではなく、

もう一度ロータリーを担当したいと仰っていました。

そして若い時の苦労が本当に役に立っているとも。

特にマツダ車が好きというわけではなかった長男も、レースカーの音とロータリーエンジンの話で

すっかりマツダのスポーツカーの虜になっていました。

真剣に取り組む大人から、理屈ではなく圧倒的な物があることを学ぶ。

皆レーシングカーが好きで、真剣に話し、整備している姿は美しいです。

誰しも自分の怠け心が恥ずかしく思う、圧倒的な現場です。

そして自分もそこに近づきたいと思う。

そのために積極的にいろいろな事を学ばないといけないと気づく。

責任を負い、使命を果たす。カーレースのような派手さは無くても仕事は皆格好良いものです。

それこそ「ワクワク」の本質で、それを教える事が何より大切です。

似ているようで全く違うのが、子供に自信を持たせるという教育です。

子供が持てる自信は、とても限られた範囲での自信だと気づけなくなってしまうからです。

お手軽な自信を育んでしまうから、少しの困難で挫折して立ち直れなくなる。

それは親の責任です。

それより自分の可能性に気づき、ワクワクしながら勉強することが大切です。

大人はその手本を示さなければいけません。

体というマシンを操縦するドライバーが自分です。

いくら体に可能性があっても、性能を引き出せるかはドライバーにかかっています。

オーナードライバーとメカニック:

767_3

皆良い顔をされています。

今週もアクセル全開でよい音を出して行きましょう!

いつも読んでくださりありがとうございます。

« 長寿社会 | トップページ | 脳の構造① »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1378527/74281506

この記事へのトラックバック一覧です: レーシングカー マツダ787B からの学び:

« 長寿社会 | トップページ | 脳の構造① »

フォト
無料ブログはココログ