« フィンランドの話 異文化理解の続き | トップページ | 物は人を幸せにするのか »

2019年6月10日 (月)

フィンランドの食、文化

おはようございます。

今日は先週に続き、フィンランド文化の考察を「食」に絞って書きます。

フィンランドの消費税は24%と高いが、パンやジャガイモ等一般食品は10%

それらの価格は日本とそれほど変わらないが、外食は高い。

会社帰りに軽くビールを一杯飲んでおつまみを食べれば、最低3,500円/人はかかる。

ただし、最高級の店に行っても1.5万円/人位。

ここまでが食の基本情報ですが、ではフィンランド料理とは何か?

講師の渥美氏によれば、美味しいフィンランド料理は無い。

美味しいレストランはほぼロシア料理。(日本食も多いが)

ここで考えさせられました。

言うまでもなく食とは体を維持するエネルギーを補給するための行動。

現代では美食を競ったりしていますが、長い人類の歴史的には

飢餓からの脱出が最優先でした。

特にフィンランドのように寒い地方では、何とか夏場にじゃがいもを確保するのが

最優先課題だったでしょう。

その様な状況で、食を「文化」と呼ぶようになるまで高めるのは考えつかないことだと思います。

この様に気候条件は食文化に大きな影響を与えますが、

もう一つ大切な視点は、王室があるかどうかだと思います。

王室がある=美味しい物を作って献上すると褒めてもらえる。

絶対王制であれば、そこで認めてもらう事は人生の安泰を意味しますから

技を競って磨くと思います。

そう考えると、先週書いたようにフィンランドには王室が無く、気候が寒いので

食文化が発達しなかった。独立してからまだ100年しかたっていないのもその理由でしょう。

他国に当てはめると、

建国約200年のアメリカ、独自の食文化はあまり聞きません。

逆に各地に強力な王族が居て気候も温暖なたイタリア、何を食べても美味しいです。

そして世界三大料理と言われる国々。

絶対王政のフランス、中国、トルコも気候は比較的温暖ですね。

ちょっと不思議なのは、広大な植民地を持ち、今でも英連邦を維持しているのに

イギリス料理はあまり文化としては発達していないことですが、

これ以上の考察をする知識が無いので止めます。

日本料理について考えると、そのシンプルさがすごいと思います。

代表的な鮨。一見ご飯を握って魚を乗せるだけ。でもそこに繊細な技術があり人を感動させる。

各国の高級料理は、味が濃厚でこってりしたものが多いような気がしますが、

日本料理はどこまで行っても素材の味ベースでシンプル。

そして各地に独特な文化が根付いています。

納豆やいぶりガッコ、からしレンコンや明太子…

個人的に大好きなくさや(GWに行った新島/式根島の名産品)。

臭いですが、サプリ並みに栄養満点です。

他にも各地独特発展をしている味噌汁。

丁寧にだしをとって、地方の究極の発酵食品である味噌で味をつけて身近なものを美味しくいただく。

究極の贅沢かもしれません。

日本料理が世界中で人気になるのも当然ですね。

先週は社員皆でそんな日本料理をおいしくいただく機会に恵まれました。

会食場所は上野韻松亭:

Photo_11

個室を借りられ、窓の外には不忍池。

まだ明るいうちから始まりましたが、夜になると炎が揺らめき雰囲気が変わります。

食事は和食で山海のごちそう、皆満足です。

珍しく集合写真が取れました:

2019_3

皆で良い時間を過ごすことが出来ました。

お客様のご支持があってこそです。

気持ちも新たに頑張ります。

今日も読んで下さりありがとうございました。

« フィンランドの話 異文化理解の続き | トップページ | 物は人を幸せにするのか »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フィンランドの話 異文化理解の続き | トップページ | 物は人を幸せにするのか »

フォト
無料ブログはココログ