« 平和の大切さ | トップページ | 権威の考察 »

2019年11月 5日 (火)

権威と権力の違い

おはようございます。

ラグビーワールドカップが南アフリカの優勝で幕を下ろしました。

スクラムの圧倒的な強さに、イングランドは何もできずに完敗。

そのあとの表彰式での銀メダル拒否もありましたが、

今回の日本開催は大成功でした。

何かこの流れ、今後の世界を暗示しているかのようですが

先週のブログを少し補足しつつ今週の話を進めます。

 

先週は「民主主義」という言葉の分かりにくさを書きましたが、

ネットで調べると、一般的には

「民主主義=デモクラシー」の日本語訳と言われているそうです。

この意味は、

「人民が権利を持つ」

という事と解されているようです。

これで意味が分かるでしょうか?

デモクラシーの定義を考え出すと、きっと大学の卒業論文になってしまうと思います。

それほど文化的、社会的背景によって定義が変わるからです。

 

例えば、「ルネサンス」という言葉があります。

義務教育で使う一般的な教科書では、文化が花開いた良いイメージで学ぶと思いますが、

もう一つ、人工物による自然支配と科学至上思考がはじまった時期とも解釈されます。

科学とは、見るものとみられるものを分ける考え方で

従来からの自然一体の共生思想からの大きな転換です。

どちらが良いとも言い切れませんが、現代社会は科学至上主義が行きついてしまったとも言えるのではないでしょうか。

その反動としての、キャンプアウトドアや伊勢神宮をはじめとする神社・パワースポット巡りブーム。

 

言葉の定義は、その時々の社会情勢を切り取って誰かの都合が良いように後付けされたものが多いです。

新しいものには、多くの人がびっくりして信用してしまう側面がありますから。

一時的な精神的麻痺状態です。

 

そこで今日の題、権利と権威について考えてみます。

人民が「権利」を持つ。

かつての絶対王政(人民にとって悪性と言う意味合いで)時に、困窮した市民を救うための考えが

デモクラシー=民主主義。

悪い王様が統治する世界、体の一生は生き切っても数十年しかないのですからそれはつらい状況です。

そこで押さえつけられた民が権利を主張して蜂起する。

その結果民が力を取り戻したように見えますが、

歴史を学ぶと結局またその民の中での権力闘争が始まる事が分かります。

混沌、混乱状態に。

そのままでは安心して暮らせませんから、統治する人が出てくる。

新しく統治する人は、前の王様を否定する意味で新しい体制であることをアピールする。

その一つの言葉が民主主義に過ぎないのではないでしょうか。

新しい統治者にまず必要な物、それが「権威」だからです。

 

権威とは、立場もありますが、その人の人間性が周りに与える影響と言う側面が強いです。

例えば人が大勢集まっているとしても、

絶対的権力者(会社でいえば社長、政治家でいえば総理大臣)が権力を盾に恐怖心をあおって無理やり集合しているのと、

権威ある人に吸い込まれるように集合しているのでは、

一見同じように見えても中身が全く違います。

先日の即位礼正殿の儀には、世界194か国中183か国(約95%)からの要人参加があったそうです。

これはもちろん義務ではありません。

そして天皇陛下には「権力」は全くありません。

「私(わたくし)心」が無いので、苗字もありません。

日本国の象徴として祈りをささげてくださる存在だからです。

もし権力が有っても、世界の95%の国から要人を参加させることなど決してできないでしょう。

権威なき権力者がはびこる現代に、自らの力を他者に使う事だけを考えている

「権力無き権威」を謙虚に体現される方が国を代表する。

まさに平和の象徴だと思います。

真の権威者の姿と言えるのではないでしょうか。

 

権威なき権力者が、その権力をコントロールせずに振るう事を

「パワハラ」

と言います。

真の権威者からの指示や指導は、つらいことはあっても

ハラスメントなどと言う薄っぺらい言葉で表現されることはありません。

スマホゾンビの現代人は、この権威を身につけることがとても難しくなっています。

その上で権力だけは握りたがりますから世の中良くなるはずがありません。

権威を付けるには経験が必要です。

若くして才能が有れば、事業で成功して権力は握れるかもしれませんが

権威は身につけることは難しいです。

持って生まれた才能が有っても、自分で経験しないと身につかないものだからです。

金(カネ)は権力ではありますが、権威ではないからです。

逆に本物の権威=器の大きさを持っていれば、知識など伴わなくても一角の人になるはずです。

周りが放って置きませんから。

例えば、家康公が現代にタイムスリップしたら…ワクワクします。

その意味で「老いる」と言うのは本来とても素敵な事なのです。

これからの日本を支える学生たちには、下をうつ向いて歩くのではなく

まっすぐ前を向いて、大地から気を頂くように歩いてほしいです。

真の権威は、他者から尊敬されるものだからです。

ラグビーでも、たとえ一時の勝負に負けても権威すら失ってしまってはいけないのです。

 

写真ですが先週の東京は凄い霧でした。

出社時に千葉の自宅を出るときに霧がかかっていても、

東京に入って川を2つ超える頃には晴れているのが普通ですが

この日はこの通り:

Photo_20191031110603

やわらかい水分に包まれた幻想的な景色も、2時間後にはこうなっていました:

Photo_20191031110601

なんだか得した気分です。

今日も読んで下さりありがとうございました。

« 平和の大切さ | トップページ | 権威の考察 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 平和の大切さ | トップページ | 権威の考察 »

フォト
無料ブログはココログ