« 祈り | トップページ | 新型肺炎下における経営環境考察 »

2020年2月17日 (月)

高気圧と低気圧

おはようございます。

先週は火曜日が「建国記念日」でした。

初代天皇神武天皇の即位された日「紀元節」です。

その意味を考えることなく、ただの祝日にしてしまっていないでしょうか。

もし多くの国民が、ただのお休みの日としてしまっているのであれば、

将来的には無くなっていくと思います、それが自然な事です。

一度なくなり、再度必要と思えば祝日としてその意味を味わう日にすればよいです。

神話を大切にすることに気づけば、それからは大切な日だと認識するでしょう。

建国記念日がない国などありませんから。

2月を紀元節がある月ではなく、下品な巻物を頬張る月にしてしまっていれば、

先行きが心配になります。

 

さて表題の話ですが、天気予報を見ている時に中一の次男が発した

「高気圧と低気圧はどっちが良いの?」

という発言からとったものです。

ドキッとしましたし、危ないと感じ、すぐに指導をしましたが今週はその内容を書きます。

 

なんでドキッとしたか:

現代社会においては多くの事を「善と悪」「良し悪し」で判断しようとする傾向があると感じます。

絶対的な「善」、確実な「悪」などこの世に存在しないにも関わらず。

陰があるから陽があります。

陽だけの社会、善人だけの社会、それが理想だとしてもあり得るでしょうか?

暗闇がない世界では、人はいつでも明かりを求め続けます。蛾のように…

 

自分の使命に気づき、立派な人生を送ることが出来る人が居れば、

体の命をうまく使えず、苦しみながら一生を終えるのもまた人生です。

現代の表面的な知識尊重社会では、本当の体の使い方を教えられないのですから、

苦しむ人もあえて言えば被害者と言えるかもしれません。

 

ここで「低気圧と高気圧」

気圧の差があるから雲が生まれ、大地に雨が降り作物の芽吹きをもたらします。

高気圧が優勢になる事で、空が晴れ、太陽光が若芽にエネルギーをもたらします。

時には超低気圧が大型台風を作り出し、大きな被害をもたらしますが

それすら川の氾濫により、大地を肥沃に保つという効果すらあります。

しかし例えばエジプトでは、かつての肥沃な大地も、気候変動により砂漠化してしまいました。

日本人にとって身近な、国旗にも描かれる「太陽」は、砂漠の民にとっては大地を焼く恐怖の存在です。

大切なのはバランスです。

 

一見悪く見える存在も、人間の根源的な欲求の発露であり、

ある時はそれこそが落ち着く存在であったりします。

分かりやすいのは、繁華街。

例えば夜の新宿では、きれいな高層ビル群のある西口より、

ゴールデン街や歌舞伎町に人が引き寄せられていきます。

暗闇を背景に、夜の花がたくさん咲いています。

そこでは危ないこともあるとは思いますが、基本的に人の笑顔があふれています。

世界最高に規律に厳しいと言われるシンガポールでも、国営の売春地域が有ったりするのです。

秘すれば花の世界ですね。

 

現実から目を背けて、自分の小さな知識の中で善悪を語ることほど薄っぺらい事はありません。

それよりも、本当の人間らしい生き方とは何なのか。

そのために自分は何をするべきか。

中学生や高校生には、こんな悩みに正面からぶつかってほしいと思います。

苦悩しつつ、少しづつ実践して自分の肌でそれを感じる。

実践とは「恩」と「縁」を大切にし、それを自分なりに表現することです。

そうすることでしか、人は世の中に認められません。

それに気づいてこそ、はじめて日々の学びが世の中に役に立つのです。

 

ちょっと難しい話でしたので、ほっとする写真を:

Photo_20200213143501

曳舟駅に展示してあった、地元小学生が考えたゆるキャラ。

たくさんあったのですが、これが気に入りました。

ダンボちゃんとガムテちゃん。

それぞれが、ダンボールとガムテープでかくれんぼしている設定!

ダンボールやガムテープ自身ではないんです。相当小さいです。

会社でも両方たくさん使っていますので、よく見て探してみます!

今日も読んで下さりありがとうございました。

 

« 祈り | トップページ | 新型肺炎下における経営環境考察 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 祈り | トップページ | 新型肺炎下における経営環境考察 »