« 2020 GW 大来佐武朗の書 | トップページ | やるべきことを見極め、実行する。 »

2020年5月11日 (月)

大来佐武朗「わが志は千里にあり」その二

おはようございます。

今日は先週木曜日の続きです。

 

大来さんは、著書の中で

「構想・判断そして行動が大切」

と仰っていたと。

そして、

「経済ゼロ成長の時代に直面した時に、大切なのは(人間の)内面の豊かさだ」

と説かれています。

この「内面の豊かさ」を具体的に考え、判断し、実行する事は

まさに現代に生きる我々に問われているように感じます。

考察していきます

 

経済成長=善とする社会。

はたして経済がずっと成長することなどあり得るのでしょうか。

日本においては、縄文はもちろん江戸時代ですらほぼ経済成長がない(定常成長)と言われています。

よく、本当に価値あるものは

「プライスレス:貨幣価値では測れない」

と言いますが、縄文や江戸は、この様なものであふれていたのかと想像すると楽しくなります。

それこそが、現代が忘れてしまったものであり、再確認しなければいけない物とも言えます。

 

ではそれ(=内面の豊かさ)とは何か?

考えるに、

それを感じるためには分からないことを無理に分かろうとせず、

時の流れに身を任せる。

流されるのではなく、任せる。

凄く頑張り、各自の義務をしっかり果たしたうえで任せる。

任せた上は、どんな事態が起きようと泰然と構える。

 

ちょっと分かりにくいですね:

それは「信頼」、また別の言葉でいえば「絆」と言うものと考えてはどうでしょうか。

お金を大切にするあまり、あっけなく他者からの信頼を失い、

心の絆を自ら断ち切っている事に気づかない現代人。

かつて豊かに暮らしていた人たちは、それを失うことを最も恐れ、

また恥と考えてきました。

現代では、金銭効率主義全盛になってしまいふと気づけば寂しさにさいなまれている…

決してお金では埋まらない溝。

信頼と絆があれば、困難は時が解決してくれると言えば言い過ぎでしょうか。

 

確かに、金銭で買えるものは体に快楽を与えてくれるかもしれません。

しかしそれは刹那的なものである場合が殆どで、

他者と分かち合えるようなものではないです。

反対に、

「信頼」「絆」に基づく満足感は魂に響き、人に涙させます。

仕事でいえば難しい仕事を、上司やお客様から頂き、

「頼られ」「がんばってこなし」「感謝される」

真の仕事の面白さは、ここにあります。

給料の多寡はそれの付随要因でしかないのです。

これから大人になる子供達、これに気づいて自分を高めていってほしいです。

そうすれば、大来さんの様に世界中の人々に頼られる

「真の国際人」

に近づけると思います。

先週書いたように:

日本が関係ない、外国同士のトラブルに際し、

もうこじれてしまい、当事者同士では決裂するしかない状況。

そこで

「大来を呼んでくれ」

何て言われ、颯爽と現れて解決してしまう。

なんて格好良いのでしょう!

最後に、本からの引用を載せます:

「常に前向きな楽観主義者である大来は、現在日本社会が直面している難局は多少時間がかかっても

克服できる、と確信していた。と同時に、これは明治維新以来と言っても良いほどの大きな変革を、

政治、経済から、人々の生き方まですべての分野に迫るものであることも冷静に認識していた」

「21世紀の日本の方向は、世界の動向を見据えた上で、他国に影響されることなく自分で決めな

ければならない。そのためには構想力、判断力、行動力を持ち、国際舞台で縦横に活躍できる

第二、第三の大来佐武朗が特に若い人の間から次々に出てくることが望まれる。

そのことを一番望んでいたのは、実は大来佐武朗その人であっただろう」

GWに良い本に巡り合え、皆様と共有させていただくことが出来て幸せでした。

 

写真ですが、近所のこんにゃく稲荷です:

Photo_20200508131101

すっかり夏空の様です。

こんにゃくが護符(お守り)で、買うことが出来ます。

のどに良いようで、歌手やアナウンサーもお参りに来るようです。

 

今日も読んで下さりありがとうございました。

 

 

« 2020 GW 大来佐武朗の書 | トップページ | やるべきことを見極め、実行する。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2020 GW 大来佐武朗の書 | トップページ | やるべきことを見極め、実行する。 »