« アパレル(服)は魂の表現手段 | トップページ | 2020夏休み »

2020年8月10日 (月)

夏休みのお知らせ・昨今の経済状況

おはようございます。

8月は受注量減少により、毎金曜日を休業とさせていただきました。

またオリンピック開催予定だった為、8/11ー14も休業。

結果、8/7ー16まで長期休業となります。

ご迷惑をおかけしてすいません、お急ぎのご指示は担当者携帯まで連絡いただければ幸いでです。

 

今週は、経営者仲間と話をする機会が多かったのですが

そこで今の世相を垣間見る機会がありました。

ある製造業の会社を経営しているのですが、今までは人材募集をかけてもほとんど反応がなかったのに

最近はびっくりするほど募集が集まり、嬉しい悲鳴だそうです。

その会社の行っている事業は、世の中がどうなろうとも必要とされますし、

働くことで手に職がつきますから、今まで人気が無かったのが不思議なくらいです。

 

このままのコロナ禍が続けば、世の中は失業者だらけになってしまいそうです。

今までの成長経済下とは、面接に対する考え方を会社側・受験側共に変えていく必要がありそうです。

成長経済下では、どちらも「教育」する事、される事を前提として、

特に学生に対しては出身学校による選別が行われていましたように感じます。

 

しかし今後は、いかにその人が会社に利益をもたらせるか?

が大切な要素になりそうです。

即戦力人材の要求です。

しかし学生や社会人デビューしたばかりの方にそれを求めるのは酷ですよね。

では何が必要か?

それは、その相手が一緒に働く仲間としてふさわしいか?です。

もちろんこれは経験者採用、即戦力人材採用でも最重要な観点になります。

こう書くと、何か分かったような気もしますがではどうすれば?と思いますよね。

具体的に書くとそれは

「素直」な心

「感謝」出来る心

を持っている事。

それはAIでは実現できない、共感を呼び起こし、仲間に良い影響を与え、組織を活性化するからです。

つまりチームワークを作れる人材。

これこそが組織の必要とする人です。

 

昨今の個人権利主義至上社会とは相反するものを、多くの企業は求めている。

自分が正しいと勘違いして、相手を批判、批評する人が多すぎるのも現代病の一端です。

そう考えると、景気がどうあれ雇用環境はますます厳しくなると思います。

 

コロナにより世の中分断され、各自が壁を作って閉じこもってしまっているように感じます。

日々接する情報が極端になっている現在の状況では、

自分で考え行動しないとそこから抜け出せなくなってしまいます。

抜け出す方法は、良書の「読書」しかないと個人的には思います。

長い夏休みには、たまった本を読んで充電したいと思います。

 

写真ですが、先週までと一転して猛暑で実力を発揮:

Photo_20200809173301

6月に施工してもらった、「遮熱屋根塗装」。

しかも色は「クールクリーム」

実際にはこの写真の通り、ほとんど白です。

猛暑のおかげで、この効果がはっきりわかります。

去年までは、階段で二階に上る間に明らかに暑くなるのがわかり、

エアコンがついていない二階にはとても居られませんでした。

しかし今年は、階段で温度変化がないのはもちろん、

窓さえ開けていれば二階のほうが涼しいくらいです。

塗料の技術進歩のすごさを実感しました。

技術が人を幸せにする、典型例です。

今日も読んで下さりありがとうございました。

« アパレル(服)は魂の表現手段 | トップページ | 2020夏休み »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アパレル(服)は魂の表現手段 | トップページ | 2020夏休み »