« アメリカに見る遊びの天才 | トップページ | 選挙報道に見る今 »

2021年9月19日 (日)

ブログを始めたきっかけ

おはようございます。

今回はブログを始めて約10年たちましたので、始めたきっかけを振り返ってみます。

まず:

昔であれば、自分の書いた文章を多くの方に読んでいただく機会はかなり特殊で限られていました。

今ではこのような場が身近にあり、本当にありがたいことだと思います、感謝です。

当初、このブログの題は「スカイツリーブログ」でした。

主に会社の屋上から日々立ち上がっていくスカイツリーの写真を撮り、その様子を載せていました。

当時の押上周辺は錦糸町と浅草に挟まれていて、わざわざ訪れる様な観光施設はなく静かな町。

有名な焼肉チェーンが出来たときに行列ができて驚いたほどです。(それも狂牛病事件で終焉)

 

そんな場所に日々大きく立ち上がっていく様子は、見ているだけで何だかワクワクしました。

それを画像でお伝えしたくて、更新していました。

そして2012年2月、ついにスカイツリー開業。

周辺の環境は一変しました。

今では東京を代表する観光地の一つとなり、次々と新しいイベントが催され

たくさんの人でにぎわっています。

また伴って周辺環境も整備されてきています。

曳舟も例外ではなく、

駅近くにあった大きなコルクの工場は、商業施設とタワーマンション数棟に変貌を遂げ、

ガード下にはたくさんの託児所が出来て、いつもかわいい子供たちの声と笑顔にあふれる様になりました。

その変わり様はまるで魔法の様です。

更に今はスカイツリーから会社近くの明治通りまでは拡幅工事も進んでおり、まだ進化していきそうです。

ただ変化には寂しい面もあります。

付近にあった工場やガソリンスタンドは、どんどんマンションに変わって行きました。

特に会社近辺は駅から近いので、その変わり様が極端です。

もうこの近辺が準工業地域だったことを知っている人も少なくなっているのではないでしょうか。

それを進化と呼ぶのか。

ものづくりの場所はどうしても音や振動、そして工場特有の匂いに囲まれますが、

それは住宅街にはそぐいません。

更に町が変わって行ったときに、プレス工場をこの場所で運営し続けることが良いのか。

次の世代への宿題になりそうです。


さてスカイツリー完成後のブログですが、題名を改めて今の

「NIKKO BLOG」にしました。

元々文章を書くことが好きだったので、会社の運営状況や日々の出来事を書き綴っていました。

そんな時に、

「鈴鹿は何のために文章を書いているんだい?」

と同じように会社ブログを社命で書いている友人から聞かれました。

この時は、質問にすぐに答えられず。

あえて言えば

「書きたいから書いている」

としか言えませんでした。

ただ、今は比較的はっきりしています。

それは将来会社にかかわる事になるであろう、2人の息子へのメッセージという事です。

いつ自分がいなくなってしまっても、これを読み返せば自分の思いを伝えられる。

次の世代へのメッセージです。

自分の日々の考えを、約10年間毎週書き綴る。

そこには小細工は通用せず、無理に書いていたら自分がパンクしてしまうでしょう。

唯一の方法は、その一週間何を考えて過ごしたかを素直に書く事だけ。

毎週書くので一つ一つの行動や他者との出会いを大切に思い、丁寧に対応するようになりました。

一見何も起こっていない様な日常でも、自分の感情の揺らぎを表現してみると文章になるものです。

空想の世界を書いていれば、決して長続きしなかったと思います。


実はこのブログにも登場していた大切な友人K君が楽しい

「釣りのブログ」

を同じようなペースで更新していました。

本人は書いていることを公言していなかったのですが、何かのきっかけで知って読み始め、

会った際に

「あのブログ読んでいるよ、面白いね」

と伝えたところ、K君は

「勝手に読まないでください!」

と真剣な表情。

聞けば大切なお嬢様二人の成長記録として書き綴っているそうです。

そして僕と同じように、日々面と向かっては言いずらい思いを乗せる。

2人で

「まるで遺書の様だね」

と話し合っていましたが…

K君は2019年11月に、脳疾患で突然亡くなってしまいました。

人生どうなるかほんとに分からないものです。

遺された釣りブログでは、今でもK君が楽しそうに笑っています。


これから社会は更に激動期に入っていくと考えています。

息子らもそろそろ「子ども」を卒業していきますので、このブログの意味も変わって行くと思います。

これからも「会社と言う生き物」を語る役割を果たし、お互いに成長していきたいと思います。


写真ですが、今年は9月になって一気に涼しくなったためにいつもより早くこの花が咲きました:

2021_20210916110101

秋の訪れを知らせる香りですが、今年は少し早かったです。

そして秋を告げる強烈な香りと言えば:

2021_20210916110201

銀杏。

こうしてみるとかわいくてサクランボの様ですが、踏んでしまうと大変です。

四季折々、色々な香りに包まれる。本当に豊かな事だと思います。

自然は日々変化していますが、その変化に気づけると幸せな気分になれます。

今日も読んで下さりありがとうございます。

« アメリカに見る遊びの天才 | トップページ | 選挙報道に見る今 »

生きるという事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アメリカに見る遊びの天才 | トップページ | 選挙報道に見る今 »

フォト
無料ブログはココログ