« ブログを始めたきっかけ | トップページ | コロナ小休止 振り返り。 »

2021年9月26日 (日)

選挙報道に見る今

おはようございます。

最近は選挙の報道が賑やかですが、本質論から外れている議論も多い様に感じます。

今の選挙制度は、軽薄な人気投票になっているような面もあり、

また選挙権の行使すらしない人が多い場合もありうまく機能していないのではないでしょうか。

 

絶対王政、共産主義、社会主義、資本主義...

どのような制度にせよ良し悪しがあると思います。

最高に優れた王様が統治する国は、きっと他の制度より優れた国家運営をするでしょうし

その逆の場合もあると思います。

ただ一つ言えるのは、我々一般大衆が政治に関わり、その根本たる議員の任命に対して

小さいとはいえ権力を持ち、

且つ自由に(配慮されて)行使できるという事はとても貴重だという事です。

大きな流れにより、政権交代が起こせるのは奇跡的ですらあります。

参政権どころか、政権批判すらできない国もたくさんありますから。

 

何事でもそうですが、他者から与えられたものは大切にしません。

逆に自分で必死になって手に入れたものは大切にし、時には命をかけても守ろうとするでしょう。

日本の選挙制度の場合、すでに生まれ付き与えられた世代が殆どになっているので

もしかしたらその価値が軽んじられているのかもしれません。

政治とは、国民が生きていく根本をなす神聖な仕事であり、決して名誉職ではありません。

使命感が無いと出来ない仕事です。

では使命感とは何でしょうか、今日は考えてみます。

 

まず前向きな使命感とは、高揚を伴います。

うちの次男を見ていてわかりますが、兄貴に何かを指示されるとぶつぶつ言いながらも

たいてい嬉しそうにこなしていきます。

弟の中には、兄からの指示を「やらない」という選択肢がほぼないです。

これも一つの「使命」と言えます。

好きな兄から「命令してもらう」「命令してもらえる」という高揚感。

これは仕事にも通じます:

ちょうど今この文章を書いている時に、お客様から

「こんなお願いして良いか分からなかったけど、やってもらえる?」

と問い合わせいただきました。

「もちろんです、ぜひやらせてください!」と電話で答えましたが、これも同じです。

仕事と言う使命、思い出して電話していただいたという高揚感。

 

そう考えると、「使命」とは人生にとって一番大切な事だと分かります。

他者に必要とされる幸福。

自分の存在とは他者から規定されるしかないですから。

他者を拒絶し、自分探しをし続けて内観しても、玉ねぎを剥くように何もなくなってしまいます。

そうならずに芯を作ってくれるのは、他者からの期待=使命感です。

 

それを理解できれば、さらに大切な事、それは:

「使命を与える」

存在になるという事です。別の言い方をすればそれこそが人材教育。

知識を教える事は、教育のごく一部の事です。

仕事に必要な知識や技を教え、信頼し、期待を込めて仕事を任せる。

これは教育の理想だと思います。

指示して命令するだけでは人は動きません。

本質的に人間は他者への命令者にはなれないです。

人間は自己の欲望を優先して生きてしまいますので、魂のふるえ無き命令には従いません。

仕事上の命令は、給料をもらうという欲望が勝っているからという場合も多いですよね。

その「欲望」に「使命」という素晴らし力を与えて本当の喜びに変える。

信頼し合える仲間だけが成せる、素敵な力の転換です。

 

現代の選挙風景から考察を進めましたが、今我々が忘れかけている重要な事に行きついたように感じます。

この様な場があり、皆様と一緒に考えられることは大変幸せな事です。

有り難いです。

 

写真ですが、初めて見た花です。何でしょう?:

Photo_20210924093401

種から育てた二年目のアスパラガスです。一年目には花は咲きませんでした。

本当に小さな花です。

幹はまだ数ミリしかありませんが、それとほぼ一緒です。

野菜として食べるのは、この幹の部分が芽を出して少し伸ばした部分。

今は地下の茎を育てるために、伸ばしっぱなしにしています。

おそらく来年からは細いものが収穫でき、それから10年間は続けて採れるとか。

楽しみです。

今日も読んで下さりありがとうございました。

« ブログを始めたきっかけ | トップページ | コロナ小休止 振り返り。 »

生きるという事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ブログを始めたきっかけ | トップページ | コロナ小休止 振り返り。 »

フォト
無料ブログはココログ