ファッション・アクセサリ

2020年8月 3日 (月)

アパレル(服)は魂の表現手段

おはようございます。

前回はアパレルの話を書きましたが、もう少し考えてみます。

 

先週、お客様のとの打ち合わせで都心部に行きましたが、公共交通機関で出会う人が

ほぼ全員がマスク着用しているのは本当に日本らしい光景だと思います。

しかし、気温は30℃位でしたが、スーツ、ネクタイ着用はおそらく自分だけ。

特にネクタイは絶滅危惧なのを実感します。

我慢してきているわけではなく、好きだから着ているのですが

周りから見るとちょっと異様に見えるのかもしれません。

大切な打ち合わせがあるときには、この方が身が引き締まりますし

不思議と汗もかきません。

商社営業時代からの「職業病」かもしれません。

 

最近は服装からその方の職業を見極めるのがとても難しいと感じます。

公共機関や銀行でも「クールビズ」推奨ですから仕方ないですね。

服装は軽く、体に負担が無いようにして環境にも配慮?が流れですから。

 

ここで今週の表題「服は魂の表現手段」について考えます。

例えば「抜刀」という武道について考察してみますと

刀を「型」に沿って動かす。

実際に見た方は気づかれると思いますが、達人の「演武」には誰もが引き込まれる力があります。

ではその求心力は何なのか?

刀の動きだけであれば、現代日本の最先端ロボットが完璧に再現できます。

刃の向き、振り下ろすスピード、納刀する際の微妙な動き...

その動きは人を「感心」させることはできると思いますが、

「感動」させて涙を誘う事は無いように感じます。

何がロボットでは再現できないか:

演武は入場する時から始まっていますので、その足取り・表情・そして刀に対する感謝の念...

そして何よりその道着の着こなし。

特に袴の上にギュッと締める帯、臍下丹田にこめた力を逃がさぬように。

更にそのきつく締めた帯に隙間を作り、魂の存在である「刀」の鞘を納めます。

もしすべてが完璧でも、服装がジャージと鞘を固定するゴムバンドであれば...

気が抜けてしまい、もはや抜刀は成立しません。

服装を整え、臍下丹田にためた力(魂)を刀を通じて自由自在に外に表現出来るようになるのです。

 

スーツと道着の比較、違っているように見えて似ているように感じます。

これはいつも書いている

「体」が主なのか、「魂」が主なのかにも通じる話だと思います。

例えば女性のおしゃれは、本当に世の中を明るくします。

それはおしゃれをしている女性の楽しい気分が、世界に発散されているからではないでしょうか。

男も自分の立場なりの服を着て、秘めた魂を外に発散する。

それは決して「威圧」ではなく、服によって良い思いが増幅されているという状態で。

 

男女ともに良き魂の発露は、真の自由の表現をしていると言い換えられると思います。

上で考える様に「自由」とは体が楽になる事ではなく、

それを超えて発展しようとする魂の自由自在な動きであり、

精神的なものだとも言えるのかもしれません。

それを人は「文化」と呼んでいます。

文化とは苦しい側面があるから、輝きを放つのですね。

現代は何か冷めた感じが漂っていると感じますが、更にコロナにより蓋をされてしまいました。

騒動が収まったら、おしゃれをして外出して、楽しい気をふりまきましょう!

 

写真も先週に続き:

2020_20200802153201

やっと梅雨明けした週末。

三年生最後の試合が終わりました。(息子は二年生)

この日は勝って市内三位。

コロナの影響があり、違う意味で苦しい年となってしまいましたが

その分輝きを放つような生き方をしてくれると思います。

今日も読んで下さりありがとうございました。

2020年7月27日 (月)

アパレルについて 雑感 (服装の大切さ)

おはようございます。

先週は本来であればオリンピック開会式が予定されており、4連休でした。

もし開催されていたら、開会式での「猛暑」は杞憂でしたね。

冬に全くと言って良いほど雪が降らなかったので、こんな夏になる気もしていました。

週間天気を見ても、梅雨明けは宣言されないまま夏になりそうです。

 

スッキリしないのは天気だけではなく、経済状況もそうですね。

そんな中、先日いつもお世話になっている神戸の社長に良い話を聞きました。

中部地方にある車メーカーさんの工場に行ったところ、小型車がフル生産だったと。

車の生産は本当にすそ野が広く、日本製造業の生命線です。

その話をお聞きした後、

お客様営業から、止まっていた半導体生産にも復調の傾向があると連絡いただきました。

日向でも準備を始めています。

9月以降、景気回復傾向が鮮明になる事を期待しています。

 

今日の話です:

お客様に直行するのにいつもは使わないバスに乗ろうと、近くのバス停に近づくと

朝からカップルがいちゃいちゃしています。

邪魔しても悪いので、いつも以上にソーシャルディスタンス?をとって並びます。

目の前にいるので、見るとは無しに見ていると...

男の方はずいぶん横柄な口の利き方、彼女はそれを軽くいなしています。

仲良しって感じ。

しばらくすると彼女の携帯に電話が入り、少し列から離れました。

そのうちに遠くにバスが見えて、男が彼女を呼び寄せます。

その時の声の掛け方で「あれっ」と思いました。

あまりにもぞんざいです。

「おいっ、何やっているんだ」

みたいな。

そこで彼女の顔を少し見て納得。

お母さんでした…(たぶん)

マスクをしていると分かりにくいですよね。髪をきれいに染めていましたし。

そして何よりお母さん「姿勢」が良かったんです。

女性はしわを気にされることが多いように感じますが、

姿勢や歩き方の方がもっと「きれいさ」に直結していると思います。

 

もう一点、勘違いの理由が今日の題「アパレル」=着ている服です。

最近は服による差異化が少なく、

「それらしい服」

を着ている方がとても少ないように感じます。

そのお母さん(であろう)方が着ていたのも、明らかに若者風でした。

逆に男は黒ずくめでTシャツ?とラッパー風帽子。

「こざっぱり」の対極で、あまり近づかない方が良い雰囲気。

流行りと言えばそれまでですが、男女差、年齢差を服から感じるのが難しくなっています。

男女差に関して言えば、コロナ前までのテレビでは新宿二丁目の方がたくさん出演され

女優さんもボーイッシュ、男優さんも優男風がメジャーだった気がします。

 

コロナ禍、世の中も何やらきな臭くなってきたこの頃、男らしさ、女らしさ(差別ではありません)

を本能的に発揮するような風潮になるような気がします。

昨今はアパレル業界の苦境が伝えられますが、その時々の本能を捕まえることが大切だと思います。

これからの流行は一過性の物でなく、

根源的要求に根差した「本物」だけが生き残ると感じますので。

それが世の中を良い方向に導くようになれば良いのですが、出来る範囲で頑張ります。

 

写真は次男部活、再開した市内中学野球大会:

2020_20200726194501

全員坊主、連帯責任の「昭和の風」を感じる野球部です。

きっちりユニフォームを着て、背番号に責任と少しの誇りを持つ。

まさに「らしさ」を表現する究極のアパレルだと思います。

服装の大切さを息子に教えてもらいました。

今日も読んで下さりありがとうございました。