住まい・インテリア

2020年5月25日 (月)

木の話:新月に切った木と満月に切った木の違い

おはようございます。

GW中に木について学びました。

宮大工、西岡常一さんの本はいくつか読んだことがありましたが、

そこでは職人としての心構え、刃物を研ぐ大切さ、生活を整えて木に向かう…

職人仕事に向かう姿勢が書いてありました。

プレス金型職人でも全く同じだと感じます。

会社経営に対してとても大切な学びを頂きました。

 

今回の話は職人の側面ではなく、

「木」自体の話です。

きっかけは、自分が住んでいる木造のはず家がまったく木の香りがしないことに気づいて。

見渡せば室内はビニールクロスと、樹脂でコーティングされた「フローリング」

そういえば、棟上げ自体もプラモデルを組み立てる様にあっという間に終わっていました。

今の建材は機械で強制的に乾燥させて、それを自動切削機で必要な大きさや形に切り分ける。

まさしくプラモデルのプラスチックが木に変わっただけの様です。

そしてそこにはたっぷりの防虫剤。

木の家に住んでいるつもりが、周りはほとんど化学物質…

 

そこで調べ始めると、40℃という低い温度でじわじわと乾燥させることで

木本来の強さや香りを失わない方法がある事を知りました。

その方法だと、中心部から均等に水分が抜けて生命力を保ったまま建材になるので、

湿度や温度を調整する機能を保てるそうです。

木が生きたまま建材になるという事です。

反面、強制的に乾燥させてしまえば表面がからからに乾いてしまい、

「木のミイラ」

の出来上がりと。

低温乾燥させた木は、しなやかで強い材料となり、

一般木材では考えられない、4階建ての木造ビルが出来たそうです。

実際に東京板橋区にあります。

 

これは凄い!と思ったのですが、だったら自然乾燥の方が更にすごいのかと思い調査継続。

実際世界最古の木造建築物、奈良の法隆寺は1400年前に建立ですから。

すると、オーストリアですごい本がベストセラーになっている事を知りました。

それは、

「木とつきあう知恵」という本で、

「新月に伐採した木は質が良い。割れないし虫もつかない」と書かれています。

水分とでんぷん質が少ない木が取れるそうです。

これはスイスのチューリッヒ大学でも証明され、

オーストリアの森林局でも

「新月の木」か「そうでない」

のかを木材の出荷証明書に明示するようになったそうです。

 

勉強資料の中では、この話を日本の木材生産者に聞いたところほとんどの人が知りませんでしたが

先祖代々伝わる林業家の中にはうっすらと聞いたことがあるという人も居る程度だったと。

しかし、著者が先に書いた西岡棟梁に聞いたところ

「あたりめーのこと聞くんじゃねえ」

と一喝。

日本の伝統的宮大工は凄いです。

実際に日本でも、京都の大学でその確認・検証実験を行ったところ、

新月に切った木と満月に切ったものでは水分含有量が違い、

新月に切った木はカビが生えなかったそうです。

 

月と地球。

海の満ち欠けは、月との引力のバランス。

出産も月の動きに連動しているとも。

そして木も月と会話している!

自然は偉大です。

 

知らないことを学ぶと、一方:

今は衰退していると思われている、林業にもすごい可能性が秘められている事も感じます。

実際に、現在でも国産の材料価格が特に高いという事は無いのですが、

規格化された木を大量に買おうとすると、どうしても外国産に頼らなければいけないそうです。

エコが重要視される社会。その最たるものが家だと思います。

数十年でボロボロになってしまう今の日本建築、

建て替える際には家だけではなく、とても多くのごみも排出されます。

100年住宅が常識になれば、世の中も良い方向に変わる気がします。

大量消費、大量廃棄社会より、

なるべく物を捨てない、ゴミが出ない社会は個人的には心地よいです。

 

ここに書いた学びは、主に駿河屋さんというネットで知った工務店様が送ってくださった

資料でいただきましたが、

この会社は、墨田区向島にあります!

自転車ですぐに行ける場所です。

世の中の狭さ、縁の面白さを実感しました。

毎日仕事では金属の話ばかりですから、たまには木の話も気分転換に良いです。

駿河屋さんありがとうございました!

 

写真ですが、先週金曜日夕方のスカイツリー「ソラマチ」です:

Photo_20200524060901

ほとんどのお店が閉まっていますし、人通りもこの通り。

人の活動が制限されると、その思想も幅が狭まり、小さくなってきがちです。

自由に考えてよいという贅沢さ。

これは一見当たり前の様ですが、人類史の中ではたびたび大きく制限されてきました。

苦しい時ほど楽しい言葉をつかう!

気分を良くしてくれるのは、自分の思考だけです。

今日も読んで下さりありがとうございました。

 

2019年11月18日 (月)

日立洗濯機修理 脱水時に止まってしまう 

おはようございます。

本ブログ、一番読まれているのが洗濯機修理の回なんです。

毎日使っているものが壊れて、困って調べてくると、ここに行きついて下さるのでしょう。

そこで第二回目です。

 

新婚当時の20年以上前に、日立から「塩で白くなる」洗濯機を買いました。

当時最高級で10万円くらいしたでしょうか。(調べたら「白い約束」という名前でした)

精製塩を専用の受け口にどぼどぼと入れると、化学反応によってシャツが白くなる。

理系でも特に化学が好きだったので、妻の無関心を押し切って買った覚えがあります。

最高級機種なので、モーターも静かだったり、いろいろな洗濯モードが有ったりして

最初は楽しかったのですが、慣れると同じモードしか使わない。

そして自慢の機能も、いちいち塩を入れるのが面倒くさいので使わなくなりました。

正直効果もいまいちでしたし。

 

数年するとその高機能洗濯機に、思いもかけないトラブルが出るようになります。

それは

「脱水ができない」

脱水で引っかかると、洗濯が止まってしまうので不便この上ない。

すぐに止まるし脱水が進まないので、全自動なのに二層式より手がかかる。

「高かったんだから我慢して使ってくれ」

と言うのも限界になり、

ついに前のブログに書いた一番シンプルでたくさんの量を一度に洗えるマシンに

買い替えることになりました。

日立のは6~7年使ったでしょうか。

その時は脱水ができないという症状に対する修理方法が思いつかず、

自分で直そうとは思いませんでした。

 

ところが電気屋さんが据え付けに来てくれて衝撃の事実が。

「これ配管が詰まっていますね」

塩を使うせいで?配管が詰まりやすかったのでしょうか。

詰まりをとればまだまだ使えたと思いますが、

すでに新品を持ってきているので返品するのも申し訳なく

そのまま超高性能の塩漂白マシンは持って帰っていただきました。

あの後も働いてくれていると嬉しなぁ…

洗濯機の脱水機能は、配管のねじれや詰まりに注意と深く学びました。

 

この話ここで終わっては、本ブログを読んで下さっている方には物足りないですよね。

この事例、日々の仕事にも当てはまると思い書きました。

「老廃物を出さないと、いくらきれいな水でも入らない」

仕事でいえば、煮詰まった仕事やトラブルになった仕事は、なるべく早く解決して

流していかないと、新しい良い仕事が手につかない。

もしくはチャンスに気づかずに見逃してしまう。

人間の体でいえば、悪いストレスをためすぎると良い経験をしていても楽しくないばかりか、

何だかイライラしてしまう。

特に、大切な家族に対してイライラしている方が身近に居れば、

それはきっと悪いストレスと戦っている証拠です。

そっと寄り添ってあげることも大切です。

そして老廃物をどうすれば排出することが出来るのかを一緒に考える。

苦労しているという事を理解してあげることで、老廃物で汚れた心が白くなっていきます。

それは、きっと「塩」より効果が有ります。

 

悪いストレスを流すことで、数年で壊れてしまうことを防いで

もう修理できないという寿命まで使い切る。洗濯機でいえば15~20年くらいでしょうか。

体でいえば80年~健康であればそれ以上まで。

そこまで使い切ると、何とも言えない味が出てくると思います。

それを思い返させてくれるのが、今の季節のこの写真:

2019_20191113143701

紅葉です。

若芽を吹いて緑の新緑に。

その時点では葉っぱ本来の色は見えず、赤や黄色が隠れています。

葉っぱの命を使い切る事により、初めて隠れていたその色が鮮やかに輝きだす。

光合成と言う仕事をやり切り、もうすぐ一生が終わる頃に、その樹木の持っていた本当の姿が見える。

人間も一緒だと思います。

自分がどんな色を持っているのかなんて、若いころには仕事が忙しくて考えもしません。

仕事がやっと終わり、そのストレスから解放されてやりたいことに専念する。

すると仕事仲間とはまた違う様子の人々や子供達が集り、のんびり釣り糸を垂れながら

自分の人生を語って良き指導をできるようになる。

色々な経験が浄化されて、良き思い出になるからです。

だから葉っぱでいえば緑の濃い、働き盛りで木から離れてしまってはいけないのです。

木も困るし、秋の賑わいもさみしくなってしまいます。

皆様、その時を気分良く迎えるためにも、悪いストレスのため過ぎには十分注意してください。

 

では悪いストレスと、そうではないストレスをどう見極めるか?

それは男でいえば、

「ひげが伸びる睡眠をとれるか」

に尽きると思います。

ひげが伸びるとは、体がきちんと新陳代謝できているかという事です。

体は三年前の体(細胞)は全く残っていません。

分かりやすいのは「爪」

爪は伸びれば切るので、数か月で見える範囲は入れ替わるのではないでしょうか。

ストレスが有ったり、酒を飲みすぎて布団に入ると

普段はかかないいびきが大きくなったり、トイレが近くなったりして

全く睡眠がとれていません。泥酔で布団に入るなど、ほぼ気を失っているのと同意です。

酒飲みの男なら皆経験すると思いますが、二日酔いの朝は髭剃りがすぐ終わります。

体がお酒の消化に一生懸命で、全く休んでいない証拠です。

そうすると古い細胞が再生されずに、どんどん劣化していってしまいます。

良き眠りが得られていない状況が長く続く、それは体が危険な状況にある証拠です。

逆に短い時間でも全く時間を忘れ、泥の様に眠ることが出来ればそれは問題ないのです。

人の体はそれぞれですから。

今日も読んで下さりありがとうございました。